木工事 外壁

d0072805_22123541.jpg
建物の外部は耐火のための石膏ボード(注1)を張っています。
d0072805_2214414.jpg
内部浴室周りは、ユニットバスが入ると断熱できないのであらかじめ断熱しておきます。


注1 石膏ボードは火に強い
せっこうボードの芯材は無機質のせっこうですので、燃えることはありません。せっこうには、約21%の結晶水が安定した形で含まれています。これは、ボード1枚に、1升ビン約1本分の水を含んでいる計算になります。火災時にせっこうボードが高温にさらされるとこの結晶水が熱分解し、水蒸気となって徐々に放出され、温度の上昇を遅らせる働きをします。また、せっこうそのものが、伝熱を防止するバリアの役割を果たします。
せっこうボードは、こうしたせっこうの特性によって、建築基準法で防火材料に認められています。そして、 壁の防・耐火構造の材料として、 あるいは柱や梁の耐火被覆材として多用され、 火災の延焼防止に効果を発揮しています。
[PR]
by kunikoumuten | 2006-07-27 22:12 | 展示場
<< 木工事 透湿防水シート 板金工事 屋根仕上がり >>